Webダイレクト TOP > Office 365 TOP > よくあるご質問 > 各サービスについて

よくあるご質問

各サービスについて

ご質問内容

Office月額版について
ライセンス
Office 365 のOfficeアプリケーションはパッケージ版やボリュームライセンス版と何が違いますか?

Office月額版で提供されるアプリケーションはパッケージ版やボリュームライセンス版と同じくPCにインストールしてご利用いただきますが、Office 365 はユーザー数で課金される月単位のライセンスです。

パッケージ版やボリュームライセンス版からOffice 365 のOfficeアプリケーションに変換できますか?

いいえ、できません。

自分がOfficeアプリケーションをインストールしたPCのリストを見る方法はありますか?

一般ユーザーはOffice 365ポータルにサインインし、[PCまたはMac]メニューから確認できます。管理権限のあるユーザーは「ダッシュボード」ページ右の「ソフトウェアをダウンロードする」メニューから確認できます。

Office月額版には何が含まれているのですか?

Office 365 Businessには次の最新アプリケーションが含まれています:
・Word
・Excel
・PowerPoint
・OneNote
・Outlook
・Publisher
Office 365 ProPlusには上記に加え、次の最新アプリケーションが含まれています:
・Access
・Skype for Business Online

Office月額版の1ユーザー5台までという考え方について教えてください。

Officeアプリケーションは、1ユーザーが占有しているPCに限り、5台までインストールが可能です。
共有PCやPC教室など、複数人でのご利用は不可となります。利用人数分のライセンスが必要になりますので、ご注意ください。

Office月額版はMacでも利用できますか?

はい、ご利用いただけます。
1ユーザーあたり、PCとMacあわせて5台までインストールすることができます。

Office 365 のOffice月額版の契約確認はどのように行われますか?

Office 365 のOffice月額版は30日ごとに自動的に契約確認が行われます。
30日ごとにお客様が有効な契約を持っているかどうかの確認が行われるため、そのときはネットワークに接続している必要がありますが、それ以外はオフラインでPCを利用する事ができます。

Office 365 のOffice月額版の契約確認を行うときに開けてある必要のあるポートを教えてください。

Office 365 のOffice月額版が30日ごとに契約確認を行う際、使うポートはTCP 443番になります。
30日ごとにお客様が有効な契約を持っているかどうかの確認が行われるため、そのときはネットワークに接続している必要がありますが、それ以外はオフラインでPCを利用する事ができます。

Office 365 のOffice月額版で以前のバージョンのOfficeを使う事はできますか?

ご使用になれません。
Office 365 のOffice月額版で使う事ができるのは、常に最新バージョンになります。
例えば2010や2007など、古いバージョンを使う事はできません。

Officeアプリケーションのダウンロード方法を教えてください

Office 365 のOffice月額版では、「クイック実行」という新しいダウンロードとインストール方法が使われます。
クイック実行はストリーミングと仮想化技術を利用して、Office月額版クライアントをダウンロードして使用できるようにするまでの時間を大幅に短縮するように設計されています。
クイック実行について詳しくはこちらをご参照ください。

ページトップへ

Skype for Business Onlineについて
Business、Business PremiumでSkype for Business Onlineを使うことはできますか?

Business、Business PremiumでSkype for Business Onlineをご利用いただく際は、無償のSkype for Business Basic クライアントをマイクロソフトサイトからダウンロードしてください。

ダウンロードサイトはこちらをご確認ください。
クライアントの比較はこちらをご確認ください。

SharePoint Onlineについて
管理機能
アップロードできないファイルはありますか?

はい。一部のファイル拡張子は既定でブロックされており、アップロードする事はできません。
詳しくはこちらをご参照ください。

日本語以外のサイトコレクションを作成できますか?

はい。
2013年3月現在、次の31か国語をサポートしています。
アラビア語、イタリア語、ウクライナ語、オランダ語、カタルニア語、ガリシア語、ギリシャ語、スウェーデン語、スペイン語、タイ語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、ノルウェー語(ブークモール)、バスク語、ハンガリー語、ヒンディー語、フィンランド語、フランス語、ヘブライ語、ポーランド語、ポルトガル語 (ブラジル)、ポルトガル語(ポルトガル)、ルーマニア語、ロシア語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、英語、日本語、韓国語。
新しくサイトコレクションを作成するときに言語を指定する事ができます。

SharePoint Onlineの1契約あたりの容量を教えてください。

1契約あたり10GBと1ユーザーあたり500MBの容量が既定でご利用いただけます。例えば10ユーザーでご契約の場合、10GB + 500MB x 10 = 15GBになります。追加容量はオプションでご購入いただく事ができ、最大25TBまで増やす事ができます。
ただし、1つのサイトコレクションあたりの記憶域の最大値は1TBです。

アップロードするファイルのウィルスチェック機能はありますか?

はい、SharePoint Onlineにはマイクロソフトのセキュリティ製品、Microsoft Forefront® Security for SharePointが含まれており、ウィルスチェックを行います。

社外のユーザーにもSharePoint Onlineサイトにアクセスさせたいと考えています。外部ユーザーにライセンスは必要ですか?

いいえ、外部ユーザーに対しては無償でサイトコレクションに招待してアクセスさせる事ができます。招待できる外部ユーザーは無制限です。

ページトップへ

サイト管理
サイトコレクションは最大いくつまで作成できますか?

作成できるサイトコレクションの上限は500,000になります。

サイトコレクションに使用できるSharePoint Online記憶域はどれぐらいですか?

SharePoint Onlineの1つのサイトコレクションあたりの記憶域の最大値は1TBになります。

ゴミ箱に移したファイルやリストなどは何日間保存されますか?

30日間保存されます。

アップロードできるファイル容量に上限はありますか?

1ファイル2GBが上限になります。

一部のユーザーには、サイト上の情報やファイルを追加・編集させずに、表示だけしかさせないようにできますか?

はい、サイトの管理者はユーザーの権限を設定して、サイト上の情報やファイルを表示する事しかさせないようにする事ができます。

ページトップへ

Exchange Onlineについて
管理機能
ユーザーごとのメールボックス容量を教えてください。

メールの容量は50GBです。容量を超えた場合、メールの送受信ができなくなります。
既定では49GBで警告メッセージが表示され、49.5GBで送信ができなくなります。

Exchange Onlineプラン2の容量無制限アーカイブは本当に無制限なのですか?

現状、既定では100GBの上限が設定されており、それを超える場合は個別に依頼し必要に応じて容量を増やすことになっています。詳しくはお問い合わせください。

他社のメールサービスで使用していた独自ドメインを、 Office 365 上でのメールの送受信に利用できますか?

できます。
所定の設定手順を踏んでいただくことで、 Office 365 上で同じドメインでメールの送受信が可能です。
ただし、お使いのサービスによっては、独自ドメインを他のサービスで使えないような契約になっている場合がありますので詳しくはお問い合わせください。

Exchangeの以前のバージョンまたは他社サービスからの移行に利用できるツールがありますか?

ユーザー情報および電子メールをExchange ServerからExchage Onlineに移行するためのツールを提供しています。

POP/IMAPに対応するメールサーバーやクラウドサービスのメールについても、ツールで移行をしたりメールボックスの統合を行ったりすることができます。

たよれーる Office 365 でドメインの管理はしてくれますか?

オプションでドメインサービスをご提供しています。詳しくはお問い合わせください。

ページトップへ

Outlook
Outlookの利用権は本サービスに付属されていますか?

いいえ。Outlookでご利用する場合は別途パッケージもしくライセンスをご購入いただく必要がございます。

Outlook 2010以上であれば何でも良いですか?

Outlook 2010以上であっても、エディションやバージョンにより一部ご利用いただけない機能があります。詳しくはお問い合わせください。

ページトップへ

Outlook Web App
海外でもOutlook Web Appを使うことができますか?

インターネットに接続できる環境があればご利用いただけます。
ただし、弊社にて動作保証を行っているOSおよびブラウザ以外の環境では動作保証はいたしかねます。
また、海外からのご利用はサポート対象外となります。

ページトップへ

予定表
他人の予定表も確認することはできますか?

はい、利用者に権限が付与されていれば複数人の予定も確認することができます。

スマートフォンにも予定表を同期させたいのですが、可能でしょうか?

ActiveSync機能が搭載されている端末であれば個人の予定表の同期も可能です。

ページトップへ

連絡先
登録している連絡先は他の端末からでも確認できますか?

はい。Exchange Onlineに登録されているのであれば、インターネットに接続できる端末であれば確認することはできます。

社内で共有の連絡先を利用したいのですが、可能でしょうか?

はい。グローバルアドレス帳機能をご利用いただけます。

ページトップへ