Webダイレクト TOP > Office 365 TOP > Office 365とは > iPhone/iPadでOffice 365

iPhone/iPadでOffice 365

会社を離れていても、お手元のiPhoneやiPadから、クラウド上に保存されたファイルにいつでもアクセスできるので、外出先でも迅速な対応が可能です。

セットアップ

各種アプリをセットアップし、メールやファイル編集、オンライン会議などができるようにします。

iPhone/iPad端末から、クラウド上のファイルにアクセス

App Storeから「OneDrive for Business」アプリをダウンロード・インストールしてください。職場で使用しているOffice 365のアカウント情報を入力し、サインインすると、「OneDrive for Business」に保存したすべてのファイルにアクセスできるようになります。

Word、Excel、PowerPoint、OneNoteファイルを編集

App Storeから、「Excel」「Word」「PowerPoint」「OneNote for iPhone」「OneNote for iPad」アプリをそれぞれダウンロード・インストールしてください。職場で使用しているOffice 365のアカウント情報を入力し、サインインすると、iPhone/iPad端末からドキュメントの作成・編集機能が使えるようになります。

職場のメールや予定表、連絡先をiPhone/iPadでチェック

iPhone/iPad用のメールアプリをセットアップするか、iPhone/iPad に最初からインストールされているメールアプリにアカウントを設定する、2つの方法があります。

[OWAアプリ]

App Storeから「OWA for iPhone」「OWA for iPad」アプリをダウンロード・インストールしてください。職場で使用しているOffice 365のアカウント情報を入力し、サインインすればすぐにご利用いただけます。セキュリティを強化するには、パスコードを設定してください。

[iOSメールアプリ]

iPhone/iPadに既にインストールされているメールアプリに、職場のメールアカウントをセットアップしてください。

  • Office 365 Exchangeベースのメールアカウントをセットアップする場合
    [設定]-[メール/連絡先/カレンダー]-[アカウント]-[アカウントを追加]-[メール]画面で「Exchange」を選択し、職場で使用しているOffice 365のアカウント情報を入力してください。メール、連絡先、予定表情報が同期されますので[保存]をタップしてください。

  • POPまたはIMAPメールアカウントをセットアップする場合(メールのみ同期されます。)
    [設定]-[メール/連絡先/カレンダー]-[アカウント]-[アカウントを追加]-[メール]画面で「その他」を選択し、[メールアカウントを追加]から、職場で使用しているメールのアカウント情報を入力してください。[保存]すると、メールが同期されます。


他のユーザーとメッセージの交換や共同作業、オンライン会議を行なう

App Storeから「Lync 2013 for iPhone」「Lync 2013 for iPad」アプリをダウンロード・インストールしてください。職場で使用しているOffice 365のアカウント情報を入力し、サインインすればすぐにご利用いただけます。

職場のプライベートなソーシャルネットワークを利用

App Storeから「Yammer」アプリをダウンロード・インストールしてください。職場で使用しているOffice 365のアカウント情報を入力し、サインインすればすぐにご利用いただけます。

使い方

持ち歩きが容易なiPhone/iPadなら、客先での商談中にスケジュール調整や資料の編集などがスムーズに行えます。社内の会議中に急遽資料が必要になった、という場合でも自席PCへ行きプリントアウトしてまた会議室に戻る、という必要が無いのでビジネスの無駄が省けます。手元のiPhone/iPadからファイルにアクセスして、その場で編集も可能です。

1.ブラウザーからもアクセス可能

iPhone/iPadにモバイルアプリをインストールしていなくても、ブラウザーでOffice 365にサインインすれば、Outlook、Word、Excel、PowerPointなどにすばやくアクセスできます。

2.複数デバイスにインストールし、使い分け

電子メールの内容は、保存時に全て暗号化されています。これは高度暗号化標準(AES)に準拠した暗号化技術「BitLocker」を活用しています。

3.必要に応じて外部ユーザーとも連携

ライセンスをもたない外部ユーザーを招待した場合でも、WordやExcel、PowerPointの表示、作成、編集など主要機能は無料で利用可能です。

最新のクライアント要件はクライアント要件ページにてご確認ください。

ページトップへ