ファイルの管理構造の一つで、ファイルを階層的なグループに分けて管理するやり方。この構造では、全てのファイルを「ディレクトリ」と呼ばれるグループに分類し、各ディレクトリは別のディレクトリの中に属させることができる。この上下関係から、それぞれのグループを親ディレクトリ、子ディレクトリ、孫ディレクトリと呼んでいる。上下関係の一番上にあるディレクトリを「ルートディレクトリ」という。

「ディレクトリ(directory)」とは元来「名簿」「電話帳」という意味で、コンピューター関連ではファイルを整理するための概念で保管場所のことを指す。OSによっては、同義の仕組みを「フォルダ」という。
管理のしやすさから、現在では、一般的なOSのほとんどで階層型ディレクトリを使うことができる。
階層型フォルダ。

どこでもキャビネット14日間無料体験

オンラインストレージ どこでもキャビネットを安心してご利用いただくために、14日間無料体験を受付中です。導入前に、実環境でどこでもキャビネットを体験してください。


お申し込みに関するお問い合わせ 0120-528-258 平日9:00〜18:00(弊社休業日を除く)メールでお問い合わせ

オンラインで今すぐお申し込み お見積りもこちらから

お申し込みについて

14日間無料体験お申し込み

どこでもキャビネット 資料ダウンロード

動画でわかるどこでもキャビネット

動画でわかるどこでもキャビネット

導入実績

お役立ち情報

ご利用中のお客様

関連サービス

メール・ホームページ

クラウドサービス

業務支援サービス

セキュリティ対策

バックアップ・災害対策

目的からさがす