Adobe CCにすると作業が楽になる!-第2弾-
~文字タッチツールでもっと読みやすく~

2017年9月1日

Adobe CCにすると作業が楽になる!-第2弾- ~文字タッチツールでもっと読みやすく~

前回、Illustratorで簡単に滑らかな角丸の長方形を作る方法をご紹介しました。今回は、文字の大きさを調整できる「文字タッチツール」をご紹介します。意外と知られていない機能ですが、かなり便利なので是非使ってみてください。

目次

  1. Illustrator CCにして良かった!~文字タッチツール編~
  2.  1. CS6:文字の拡大/縮小の方法
  3.  2. CC2017:文字の拡大/縮小の方法

Illustrator CCにして良かった!~文字タッチツール編~

「文字タッチツール」はIllustrator CC (2014)からリリースされました。この機能を使えばテキストを保持したまま、文字を個別に編集することができます。今までアウトライン化をしたり、バラバラにテキストを入力したりする必要があった、面倒なこの作業があっという間にできてしまいます。

今回もCS6とCC (2017)でどれほどの差があるのか作業工程を比べてみたいと思います。

 

1. CS6:文字の拡大/縮小の方法

まずは左側のツールパネルから「文字ツール」を選択し、文字を書きます。
今回は「Webから申し込む」と打ってみました。
同じフォントなのに「Web」の文字が小さく見えませんか?これだと少し読みづらいですよね。

文字ツールで文字を入力する

そこで、「Web」の文字だけを大きくしたり、「から」の文字を小さくしたりしてみましょう。
助詞の文字を小さくすると文章が読みやすくなりますよね。
個別の文字を調整する方法はいくつかありますが、代表的なものをご紹介します。

アウトライン化して大きさを調整する

文字をテキストではなく、図形として扱うアウトライン化の方法です。
まず、マウスでテキストを選択し、上部メニューバーの「書式」から「アウトラインを作成」をクリックします。

アウトラインを作成

このようにテキストのアウトライン化ができました。これで、文字の輪郭を取り、図形として扱うことができます。

テキストのアウトライン化

「Webから申し込む」の一行が選択されてしまうので、一文字ずつ編集するためにグループ化を解除します。
文字を選択して、右クリックし、「グループ解除」をクリックしてください。

グループを解除する

グループ解除ができたら、「から」だけを選択して、右上の矢印をキーボードの[Shift]を押しながら希望のサイズまで小さくしていきます。([Shift]を押すと比率を保ったまま拡大/縮小ができます。)

Shiftを押して比率を保ったまま拡大/縮小

同じやり方で「Web」も少し大きくします。
「から」を小さくしてしまった分、文章に隙間ができてしまうので、文字間隔も調整しましょう。

これで完成です。最初にテキストとして打っただけのものと、個別に文字の大きさを調整したものではどちらが読みやすいでしょうか?

テキストで打ち込んだだけのものと個別に文字の大きさを調整したもの

個別に文字の大きさを調整した方が読みやすいのではないでしょうか。
何気なく見ているチラシやポスターもこのような微調整を行って、お客様に文章を読んでもらいやすくしています。

ただ、この方法ですと、図形として編集するので文章の変更やフォントの変更はできません。
フォントサイズや文字間もツールを使わずに自分の手(マウス)で修正しなければならないので、微調整はできますが、慣れるまでは調整が難しいと思います。

 

2. CC2017:文字の拡大/縮小の方法

それではCreative Cloud 2017での作成方法をご紹介します。CS6よりも作業が楽になること、一度作成したあとに再編集できることがポイントになります。

まず、「文字ツール」で同じように「Webから申し込む」と打ち込みます。
そのあとに左側のツールパネルか、ツールボックスから「文字タッチツール」を選択します。

文字タッチツールを選択

「から」の文字をクリックすると矢印キーがでてくるのでそこで縮小させます。
文字タッチツールでは一文字ずつしか選択できないので、「か」と「ら」を一文字ずつ調整していきます。

文字タッチツールで縮小

「Web」の文字も同じようにクリックして拡大させます。

文字タッチツールで拡大

これで簡単に大きさが調整できました。
アウトライン化と違い、テキストとして読み込まれているのでフォントの変更はもちろん、
文字間もツールボックスの機能を使って行うことができます。

文字間調整

簡単に完成しましたね。では、調整前と調整後で比べてみましょう。

テキストで打ち込んだだけのものと個別に文字の大きさを調整したもの

文字の拡大/縮小だけでなく、一文字だけを回転させることも可能です。
「!」マークはよく斜めにして使いますよね。「!」を普通の文字よりも大きくして、右に傾けましょう。

文字タッチツールで回転

このように「文字タッチツール」を使えばいつも時間がかかっていた作業をあっという間に終わらせることができます。
その後の編集もできるので作業効率が格段に上がります。

Adobe Creative Cloudで「文字タッチツール」を試したくなった方は7日間の無料体験が可能です。
また法人に特化した大塚商会が提供する「たよれーる Adobe Creative Cloud」なら銀行振込や口座自動振替の月額払いに対応し、電話サポート付きで安心して始められます。この機会に是非ご検討ください。

提供するサービス

月額払いに対応 たよれーるAdobe Creative Cloud の紹介サイト

0120-528-258 平日9:00~18:00(弊社休業日を除く)
メールでお問い合わせ