起業のために その3
インターネットで宣伝!販売促進ツールまとめ

2016年12月16日

起業したら、お店やサービス、商品などを広く知ってもらう必要がありますね。
このコラムではインターネットを利用した販売促進ツールについてまとめます。
テレビや新聞などのメディアに比べて、インターネットを利用すれば比較的安価に宣伝できます。また、チラシやカタログなどの紙媒体と比べて、広い範囲で見てもらえるメリットもあります。 それぞれのメリットを活かして、さまざまな販売促進ツールを用意するのがベストです。「起業のために その3」では、特にインターネットを利用した販売促進ツールをまとめます。

目次

  1. 1. Webサイト
  2. 2. メールマガジン
  3. 3. Webカタログなど
  4. 4. SNS

1.Webサイト

多くの方に知ってもらうには、Webサイトを用意しておくとよいです。サービスや製品のメリットや特長を掲載しておけば、興味を持った方が閲覧してくれる可能性が広がります。 テレビCMでキーワードだけをアナウンスしたり、雑誌の小ないスペースで検索ワードを掲載したりして誘導し、詳しい内容はWebサイトで確認してもらう、という方法もよく見かけますね。
Webサイトはお客様が興味を持ったときに、マイペースで見てもらえるというメリットもあります。
飲食店や美容院の情報をまとめたポータルサイトもあります。起業する業界によってはそのようなポータルサイトに情報掲載してもよいでしょう。 インターネットを利用して宣伝するには、まずWebサイトを制作するのが第一歩になります。その後のステップとして、SEO対策やリスティング広告などを利用すれば、より効果的に宣伝できますが、まずは、元となるWebサイトが必要になります。


起業時のホームページ作成に最適 アルファメールの紹介サイト

2.メールマガジン

定期的にお客様に情報発信するには、メールマガジンを使うとよいでしょう。お客様がご自分でアクセスするのを待つだけのWebサイトと違い、メールマガジンはこちらからアプローチできます。 それぞれの利点を活かして、Webサイトを訪れたお客様にメールマガジンに登録してもらい、定期的にメールを送って、常にサービスや商品について気にして頂く、という組み合わせで使うのもおすすめです。

3.Webカタログなど

以前は用紙で配布していたカタログやチラシなども、最近ではPDF化が主流になってきました。Webサイトからいつでもダウンロードできるようにしておけば、送る手間も省け、お客様もすぐに入手できるので双方にメリットがあります。
価値のある情報や詳しいレポートなどはあえてダウンロードできるようにせず、特典として使うこともできます。メールマガジンの登録や、何かを申し込んだお客様だけにお渡しすることにして、登録や申し込みの促進に使えます。


サイト、カタログ制作にも、PDF化にも使える AdobeCCの紹介サイト

4.SNS

最近はFacebookやLINEなどのSNSをコミュニケーションツールとして利用することも多くなっています。紹介が紹介を呼び、多くの人に知ってもらうことができます。
WebサイトとSNSを連携すれば、詳しい情報も見てもらいやすくなります。Facebookと連携したHPについてのコラムもありますので参考にしてください。


CMSで会社のホームページを作ってみよう -第3弾-FacebookをHPに埋め込む 2016/12/2

まとめ

  • インターネットで宣伝すると安価に、広く宣伝できる。
  • Webサイトはインターネットでの宣伝の第一歩。
  • メールマガジンはWebサイトと組み合わせて使うのがおすすめ。
  • Webカタログなど、用紙で配布していたものは、最近ではPDF化が主流。
  • SNSで紹介して多くの人に知ってもらうときも、Webサイトと連携すれば詳しい情報を見てもらいやすい。

提供するサービス

起業時のホームページ作成に最適  アルファメールの紹介サイト

Microsoft Officeで資料作成  Office 365の紹介サイト

サイト、カタログ制作にも、PDF化にも使える  AdobeCCの紹介サイト

0120-528-258 平日9:00~18:00(弊社休業日を除く)
メールでお問い合わせ