チームで成果を出すには
グループウェアで情報共有を

2016年9月30日

会社で仕事を進める際は、一人で完結するよりも、チームで進めていくことが多いでしょう。
チームで成果を出すには、お互いの進捗や変更内容などの情報共有の効率化が鍵になります。
グループウェアを使えば、電子掲示板で情報を共有したり、お互いのスケジュールを把握したりでき、効率的にコミュニケーションをとることができます。

        

主なグループウェアの機能

  1. 1. 掲示板機能
  2. 2. スケジュール管理機能
  3. 3. 施設予約機能
  4. 4. ワークフロー機能
  5. 5. ファイル共有/ドキュメント管理機能

1.掲示板機能

多くのメンバーに周知したい内容を掲示しておくことができます。お知らせだけでなく、個々人が持つノウハウの蓄積などに幅広く使えます。

2.スケジュール管理機能

自分のスケジュールだけでなく、他のメンバーの予定も確認できるため、会議の日程などを容易に決められます。他人に見られたくないスケジュールを非公開で登録する機能があるグループウェアを採用すれば、機密性の高い打ち合わせなども登録でき、より使いやすいです。

3.施設予約機能

個人のスケジュールだけでなく、会議室や機材の予約ができます。

4.ワークフロー機能

社内で利用している申請書と承認ができる機能です。用紙と印鑑で承認するのと異なり、長期出張時にも承認が可能になります。また、過去の申請書の検索や、承認経路を明確にできるメリットもあります。

5.ファイル共有/ドキュメント管理機能

メンバーでファイルを共有できます。ライブラリとして利用できます。

まとめ

  • グループウェアを使えば、チームでの情報共有を効率化できる。
  • 主なグループウェアには掲示板機能、スケジュール管理機能、施設予約機能、ワークフロー機能、ファイル共有/ドキュメント管理機能 がある。

提供するサービス

初めてのグループウェア導入に最適!シンプルで安価なグループウェア アルファオフィスの紹介サイト

0120-528-258 平日9:00~18:00(弊社休業日を除く)
メールでお問い合わせ