Office 365もAdobe Creative Cloudも
ソフトウェアラインセンスはクラウドの時代!

2016年7月15日

Microsoft Office 365やAdobe Creative Cloudなど、クラウドサービスでも購入できるアプリケーションが増えています。
以前主流だったパッケージでの購入に比べて、利用面・コスト面・管理面でのメリットも多くあります。

  1. 1. 最新バージョンに対応 旧バージョンにも対応
  2. 2. ライセンス管理で余剰ライセンスを撲滅し、コスト最適化
  3. 3. 外出先でも自宅でも 様々なワークスタイルに対応
  4. 4. その他にもメリットがたくさん

1.最新バージョンに対応 旧バージョンにも対応

クラウドサービスで購入する場合、最新バージョンに対応していることがほとんどです。
Adobe Creative Cloudであれば、旧バージョンにも対応しています。

Adobe Creative Cloudの場合、

  • 社内でバージョンが統一されていない。
  • 旧バージョンで作成されたファイルを基に素材を制作したい。
  • 取引先が旧バージョンを使用している。

…ということが頻繁に起こりますが、クラウドサービスであるAdobe Creative Cloudなら難なく対応できます。

2.ライセンス管理で余剰ライセンスを撲滅し、コスト最適化

パッケージソフトだと、スタッフの交代やPCの入れ替えの際に
誰がどのライセンスを使用していたかがわからなくなり、余分に購入してしまう場合があります。
余分に購入するリスクを防ぎ、ライセンスを最適化することができます。

3.外出先でも自宅でも 様々なワークスタイルに対応

クラウドサービスで提供されているソフトウェアは、1ユーザ複数デバイス(マルチデバイス)に対応しているのが当たり前といえる状況になっています。

これは1人のユーザが会社のデスクトップPC、家のノートPC、外出先のタブレットで使用する場合1つのラインセンスで使用できるということです。

「作業は会社で」とは限らない今日にあったライセンス形態といえます。

その他にもメリットがたくさん

初期投資が抑えられたり、ストレージなどの付帯サービスもあるケースも多く、クラウドサービスでの購入はラインセンス購入の主流となりつつあります。

まとめ

  • ソフトウェアライセンスをクラウドサービスで購入することが主流になってきた。
  • 最新バージョン・旧バージョンにも対応できる。
  • ライセンスを最適化し、コスト削減につなげられる
  • 外出先、自宅など様々な場所でも1ライセンスで利用できる。

提供するサービス

Office系ソフトをクラウドサービスで Office365の紹介サイト

AdobeCC Acrobatをクラウドサービスで Adobeccの紹介サイト

0120-528-258 平日9:00~18:00(弊社休業日を除く)
メールでお問い合わせ