ウイルス対策について

万全のウイルス対策で情報資産管理を徹底しましょう。

「個人で管理」は危険

コンピューターウイルスの感染経路のほとんどが、メールを介したタイプです。怖いのは感染したパソコンから知らずにメール経由で不特定にばらまいてしまうこと。情報漏洩、遺失など、損害は計りしれないです。
現在は多くのウイルス対策ソフトがありますが、PC利用者個人にウイルス対策を任せていると
「利用者がソフトを止めていた
パターン更新を忘れていたので最新のウイルスに感染」
など、企業として適切な管理はできません。

ウイルス対策はサーバーで

大塚商会のレンタルサーバーは利用者がメールを受信する前にサーバーでウイルスのチェックを行い、ウイルスの進入と感染、また拡散を防ぎます。
業界随一のトレンドマイクロ社のソフトウェアを採用し、メールの送受信時に添付ファイルをチェック。ウイルスの侵入や他社への拡散を未然に防ぎます。新種のウイルスにもすばやく対応し、そのつど、担当者がウイルス定義ファイルを更新する必要もありません。万全のウイルス対策により安心してメールをご活用いただけます。

ページトップへ