Webダイレクト TOP > レンタルサーバー TOP > ホームページを活用しよう > ホームページを育てる5つのアイデア

ホームページを活用しよう

ホームページを育てる5つのアイデア

第5回. ユーザーをもっと増やすには

お店は、お客様が来てくれるようにあらゆる工夫を行います。インターネットの世界でもそれは同じで、さまざまな工夫が必要です。第5回では、もっと多くのユーザーに来てもらうための施策の一例をご紹介します。

Eメールを使ったマーケティング

ダイレクトメールやチラシのような「紙媒体」の代わりになるPR方法が、インターネットにもあります。それは、「Eメールを使ったマーケティング」です。これはユーザーのメールアドレスに、さまざまな情報を掲載したメールを送ることによるPR活動です。紙媒体に比べて、コストが格段に抑えられるというところが特徴です。

SEO

多くのユーザーは、検索エンジンを経由してホームページにやってきます。検索で表示されるたくさんのWebページの中からあなたのホームページを見つけてもらうためには、検索エンジンでなるべく上位に表示される必要があります。
検索エンジンは、世界中のWebページを巡回している「検索ロボット」が回収したデータから、検索されたキーワードをもとにホームページを探して表示する仕組みです。
SEO(検索エンジン最適化)とは、「検索ロボット」が回収しやすいページにして、ホームページの表示順位が上がるように工夫する手法のことです。
SEOにはさまざまな手法がありますが、まずはユーザーの検索が想定されるキーワード、あるいはあなたが「強み」と考えているキーワードを、ページの中やリンク名に盛り込むことからはじめてみましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果ページにおいて、キーワードに連動したテキスト広告を表示させる広告のことです。検索結果ページの上位に的確な広告を表示でき、ユーザーにクリックされたときにだけ課金されるため、より確度の高いユーザーが訪れるようになるでしょう。

ページトップへ