Webダイレクト TOP > レンタルサーバー TOP > ホームページを活用しよう > ホームページを育てる5つのアイデア

ホームページを活用しよう

ホームページを育てる5つのアイデア

第3回. 伝わるホームページの鉄則

ホームページには、商品を伝えるための文字情報や写真・イラストなど、たくさんの情報が載っています。ここでは、それらの情報をユーザーに分かりやすく伝えるための基本的なコツをご紹介します。

情報は「見やすく」整理する

情報をきちんと整理していないホームページは見づらく、求めている情報になかなかたどり着けません。ホームページの情報を整理するには、まずカテゴライズ(分類)が必要です。
例えばファミリーレストランのフードメニューは「和食」「洋食」「デザート」などに分類されていて、ページの中からすぐに食べたいものを見つけることができます。同じようにホームページのコンテンツにおいても、サービス目的やコンセプトに応じてカテゴライズするだけで、伝わる度合いがぐっと高まります。

大切な情報は大きく扱う

ホームページにはたくさんの情報を掲載できる反面、大切な情報が他の情報に埋もれて見つけにくくなってしまうことがあります。そこで、「情報にメリハリをつける」ことが必要になります。
強く訴えたい情報があるのなら、まずは他の情報よりも目立たせ、大きく掲載してみましょう。

写真を有効に使う

情報を伝えやすくするために、写真を使うのも有効な手段です。写真は文字情報よりも訴求力が強く直感的なので、ユーザーの目をより惹きつける効果を発揮します。
しかし、ホームページにたくさん写真を使いすぎると、そのページの表示に時間がかかってしまうので、文字情報と写真をバランスよく使うことが大切だと言えるでしょう。

ページトップへ