Webダイレクト TOP > レンタルサーバー TOP > ホームページを活用しよう > ホームページを育てる5つのアイデア

ホームページを活用しよう

ホームページを育てる5つのアイデア

第2回. ホームページで伝えたいことを決めよう

第1回では、ホームページの特性についてご紹介しました。次は「ホームページに何を載せるのか」について考えましょう。「コンテンツ」や「メニュー」の内容について、分かりやすくご紹介します。

「伝えたいこと」がコンテンツになる

ホームページに関わると、「コンテンツ」という言葉をよく聞くようになります。
「コンテンツとは?」と悩んでいる方、難しく考える必要はありません。コンテンツとは、あなたがユーザーに「伝えたいこと」そのものです。会社の歴史を知ってほしい、サービスのこだわりに気づいてほしいなど、あなたがユーザーに「伝えたいこと」がコンテンツとなるのです。

「何を」「だれに」伝えるかを考える

次に、「何を」「だれに」伝えるかを考えることにより、より適切なコンテンツにすることができます。
例えば、あなたの持っている「サービスへのこだわり」を「初めてホームページに訪れた人」に伝えたい場合は、ドラマティックな「サービス開発までのストーリー」をコンテンツにするといいかもしれません。テーマとターゲットをしっかり考えることで、漠然としていたコンテンツが明確になるのです。

基本の「3コンテンツ」とは?

最後に、ホームページの基本となる「3コンテンツ」をご紹介します。
第一に「会社概要」ページ。会社概要がなければユーザーを不安にさせてしまうので、しっかりとしたものを作りましょう。
第二に「業務内容紹介」ページ。このページでは、あなたの展開するサービスの内容をユーザーに伝えます。
第三に「お問い合わせ」ページ。ユーザーと実際にコンタクトを取ることで、商品要求に応え、高い効果を発揮するホームページになります。メールの宛先や電話番号、「お問い合わせフォーム」や「ショッピングカート」などを準備しましょう。

ページトップへ