Webダイレクト TOP > レンタルサーバー TOP > ホームページを活用しよう > ホームページを育てる5つのアイデア

ホームページを活用しよう

ホームページを育てる5つのアイデア

第1回. ホームページをはじめる前に

レンタルサーバーの準備が整ったら、早速ホームページを作ってみましょう。その前に、ホームページの特性について理解しておくことが大切です。より価値のあるホームページにするために、おさえておきたいポイントをご紹介します。

パンフレットとホームページはどう違う?

はじめに、会社案内やパンフレットなどの紙媒体と、ホームページの違いについて考えてみましょう。
例えば、パンフレットに新しい情報を追加するときや、掲載された情報が誤っていたときには、もう一度印刷し直さなければならず、手間とコストがかかります。しかし、ホームページはリアルタイムの修正が可能なため、情報管理にとても優れたメディアなのです。
また多くのユーザーにはインターネットで情報を比較・検討する傾向があり、ホームページの重要性は高まっています。あなたのホームページにたどり着いたユーザーは、必ず何らかの目的を持っていることを理解しておきましょう。

いちばん大切なのは「ユーザーへの気配り」

ホームページという「待つ」メディアに大切なのは、訪れたユーザーを逃がさない「利用しやすさ」です。
例えば買い物に行ったとき、お店の商品がジャンルを無視して並んでいたとしたら、欲しい商品がどこにあるのか全く分かりません。そんなお店なら、あなたは再び利用しようという気が起こらないでしょう。ホームページも同じです。欲しい情報(商品)がすぐに見つけられるように配置されている「ユーザー目線」 での気配りがポイントになるのです。

ホームページは、鮮度が命?

次に大切なのは、ホームページの「更新」です。
ユーザーは、いつも新しい情報やサービスを求めています。もしあなたがホームページを何年も放っておくと、いつかはユーザーに飽きられてしまいます。常に旬の情報を提供し続けることが大切です。そういった意味で、ホームページは「鮮度が命」と言えます。
ホームページは、いつも新しい情報をいち早く発信できるとても便利なツールです。そのメリットを生かして、効果の高い運営を考えましょう。

ページトップへ